リフォームで快適に住みやすくハウスチェンジ!

暖炉のあるリビング

手すりの取り付け

リフォームは手すりを取り付ける事が大切

暖色を使ったリビング

リフォームをする事で古い住宅でも新築のように綺麗にする事ができるため、人気になっており多くの住宅が行なっています。リフォームをする時にやっておきたい工事は多いのですが、その中でも重要なのが手すりを取り付ける工事です。手すりはリフォームなどの大掛かりな工事をする時に取り付ける事で、手すりを取り付ける下地ごと交換する事が可能です。 手すりはしっかりとした強度の下地に取り付ける必要があるため、リフォームをする時に一緒に取り付けてもらう事が大切です。住宅の中で手すりを取り付けた方が良い場所としてはトイレがあり、トイレは座ったり立ったりする場所なので手すりが多いと便利です。手すりは利き腕の近くに取り付ける事が肝心です。

手すりは体を安定させる事ができる

お風呂にも手すりが多い方が良く浴槽に入る場合には、手すりを持って入る事によって安全に入浴する事ができます。また浴槽から出る時も手すりを持って立ち上がる事ができれば、体を安定して立ち上がる事ができます。お風呂は滑りやすい場所ですから、手すりによって体を安定させる事によって、転ぶ危険性を少なくする事が重要です。お風呂の床はタイル製のものよりも柔らかい床材を使用する事が肝心で、柔らかくて滑りにくい床材を使用する事で安全になります。 廊下にも手すりを取り付ける事が重要で、廊下に手すりを取り付ける場合には使用する人の身長に合わせて取り付ける事が大切です。玄関に手すりを取り付ける場合は、靴を履く場所に取り付けると便利です。